額 カサカサ

額がカサカサ!乾燥対策は洗顔時から始まっています!

額のカサカサは乾燥肌の危険信号です。

 

洗顔後に化粧水や美容液をつけない状態で額から粉が吹いている状態は、お肌がSOSを出している証拠です。もちろん洗顔後にスキンケアを施すことで額のカサカサは収まると思いますが、そもそもの洗顔時にうるおいをいかに逃さないようにするかがその後のお肌状態を左右します。

 

洗顔後のスキンケアがしずらい男性は特に、皮膚を直接こすらないことはもちろんですが、使用する洗顔料を見直す必要があります。

 

あなたが使用している洗顔料はこの条件を満たしていますか?
  • 皮膚をこすらないだけの濃密な泡立ちができる
  • 不要な皮脂汚れをしっかり落とせる
  • 洗顔時に潤い成分をしっかり取り込ませられる

 

最低限この条件をクリアすれば、洗顔後はやさしく顔を拭き取るだけで額のカサカサを治せるケースが多いです。

 

乾燥対策の条件を満たしている洗顔料は?

額のカサカサはあとに残る!?

額がカサカサ、ザラザラし乾燥している状態になると、お肌がピリピリして痒くなることが多いです。たまらず額を掻きむしってしまうと赤みとなって残り、ひどい場合は血が滲んでしまうこともあります。

 

潤いが足りない状態は、お肌が枯れている状態です。乾燥したお肌はコラーゲンやエラスチンなどのお肌の弾力を維持する成分が不足しているじょうたいなのでシワの原因になるとも言われています。

 

いずれにしても乾燥した額をそのままほおって置くのは良いことではありません。個人的には価格の高い美容液やクリームなどのスキンケアよりも、洗顔時の石鹸にお金をかけてみる方が安上がりになっていますね。

 

WEB購入で半額の潤い洗顔料

額のカサカサはキメの細かい美容成分で解消

お肌を乾燥から守り、うるおいを保持するには美容成分は必須ですが、
この美容成分、名前だけを見て購入を決めてしまうと後悔する場合もあります。

 

 

美容成分が入るところはお肌の毛穴の部分ですが、毛穴の大きさに合った美容成分を取り込ませることが大切です。
配合の美容成分は小さい分子ほどお肌に取り込みやすい

 

店頭で売られている美容石鹸などは、美容成分を明記していてもその分子の大きさまでは明記されていないと思います。その点、通販で売られている洗顔料には、たいていが美容成分の説明が明記されていますので、そこをしっかり見て判断をすることが大切なんですね。

 

豆乳発酵液配合の洗顔料

ホルモンバランスを向上させると言われる

豆乳が保湿に良いというのはご存知でしょうか。

 

主に女性に愛用されている成分ですが、これは男性が使っても、もちろんうるおいが保たれます。男女兼用ということですね。

 

ただの豆乳では分子が大きすぎて毛穴に入るものではないので、発酵させて分子を小さくさせた豆乳発酵液を使っているものがおすすめです。

 

豆乳発酵液を配合したおすすめ洗顔料とは?

 

額カサカサへの乾燥対策とは、ズバリ洗顔時の注意にあります。それ以外でも化粧水や美容液、保湿クリームなどでケアすることも確かに重要とはいえますが、まずは額をカサカサさせるくらいの水分を洗顔時に奪わないことからはじめなければいけません。顔の乾燥肌は男性の大敵とも言えるでしょう。肌質にもよりますが、額は顔の部位の中でもテカりやすい場所です。やはり洗顔時は意識しすぎて念入りに額を洗う方が多いようですが、これは同時に額の潤いまでも洗ってしまっているということです。さらに市販の洗顔フォームの多くは洗浄力が強力かつ潤い成分が十分でなく、ただ汚れを落とすだけに特化したものが多いです。洗顔料を見直すことも額のカサカサを乾燥から守る項目です。

 

洗浄力は落とさずしっかり潤わせる洗顔石鹸

とはいえ、潤い成分豊富の裏で洗浄力の弱い洗顔料だと余分な皮脂をしっかり落とすことが出来ないデメリットもあります。洗浄力と保湿力のバランスがよく、おすすめできる洗顔料はCMでも有名などろあわわです。名前のとおりマリンシルトという沖縄海底の泥を使った石鹸で、洗浄力は強くこする必要が全くないほどの軽い洗顔でも十分にあります。また豆乳発酵液をふんだんに配合しているので、額のカサカサ対策に十分なうるおいを補うことが出来ます。女性のみならず男性の愛用者が急増しているのも、洗浄力の強さを物語っています。

 

男性にとって顔の乾燥は老化の促進に繋がる可能性もある問題になってきています。粉吹き肌対策ひとつにしても自然に直そうとする方が多いからです。潤い 洗顔料などをしっかり選んでいつまでも若々しい肌を保ちましょう。